moroのハンドメイド

moroのハンドメイド作品の紹介、好きな生地やお気に入りのグッズなど紹介していくブログ。

カテゴリ: つくりかた

先日、「印鑑ケースのキット買ったけどがま口の付け方がーっ」というなんとも切羽詰った(と思った)コメントがありましたので今日は口金の付け方を書き留めておきたいと思います。印鑑ケースの手作りキット。だいたいこんな感じで購入されたのではないでしょうか。生地の準 ...

続きを読む


先日、
「印鑑ケースのキット買ったけどがま口の付け方がーっ」という
なんとも切羽詰った(と思った)コメントがありましたので
今日は口金の付け方を書き留めておきたいと思います。


印鑑ケースの手作りキット。

ブログ0001

だいたいこんな感じで
購入されたのではないでしょうか。




生地の準備はできているという前提で、
口金をつけていきます。

まず、口を開いて

ブログ0002

下から見たところ。
口金って、このように溝がありますよね。




その溝にボンドを付けていきます。

ブログ0003

まずは片方の金具だけに。

両方の金具に一度にボンドを塗っても
すぐに乾いてしまうので
ここは焦らず、片方だけ先に作業します。




つまようじなどを使って
うすーく伸ばします。

ブログ0004

厚塗りすると
金具から漏れ出てしまうので注意。

薄くてもちゃんと付きます。




生地を金具にはめていきます。

ブログ0005

こうやって、スライドするように。
金具の奥まで
しっかり入っていることを確認してくださいね。




内側に紙紐を入れていきます。

ブログ0006

表と裏で言ったら、裏側。
金具の内側です。
(印鑑が接する方。わかります?)

紙紐は長めにとっておいて、
真ん中から入れていきます。

マイナスドライバーを使うと入れやすいです。
(専用の工具もありますが)


紙紐の太さですが
ちょっと力を入れる位の太さがちょうどいいです。

市販のキットだと、気持ち細い傾向がある気がするので
もしスカスカな感じがしたら、太めのものに変えてください。
母ちゃんは100均一の紙紐をよく利用してます。




金具の切れ目くらいに合わせて
紙紐をカットします。

ブログ0007

そして、残りの紙紐もぐいぐいと入れちゃいます。




そして、ここの金具の端っこのところ。
ナナメにカットされてるようなところです。

ちょっと隙間があいてるのですが
ここを平ペンチなどを使って、締めます。

ブログ0008

ペンチと金具の間に
厚手の布を挟んでください。




この布をやらないと・・・

ブログ0009

金具にクッキリとペンチの跡がつきます・・・。
(昔やらかしました)




これ、布が動かないように締まればいいので
ギリギリギリッと力入れなくて大丈夫です。

ブログ0010

キュッと一回で締める感じで。

これは何度かやれば
力加減の感覚がつかめると思います。

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。


★★★★★

症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「大人はすぐ現実見るからやーねーって話」
ブログ0004
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。
上、口金の付け方でした。


★★★★★

症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「」

↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。

 

やっとイラストが描けましたー。マチ付き、レッスンバッグの作り方です。【用意するもの】持ち手表布(ポケット有り面)※縫い代は1cmとってください※縫い代は1cmとってください表布(ポケットなし面)※縫い代は1cmとってください内布&接着芯※縫い代は1cmとってくだ ...

続きを読む


やっとイラストが描けましたー。
マチ付き、レッスンバッグの作り方です。

【用意するもの】

持ち手
ブログ0001




表布(ポケット有り面)
ブログ0002
※縫い代は1cmとってください




ブログ0002_
※縫い代は1cmとってください




表布(ポケットなし面)
ブログ0003
※縫い代は1cmとってください




内布&接着芯
ブログ0004
※縫い代は1cmとってください




パイピングテープ(コード)
ブログ0005
※半分にカットして、1mを2本用意。




では作っていきます。

あらかじめ、
持ち手と内布には接着芯を貼っておきます。

①持ち手を作ります。

ブログ0006

外表になるよう、
図のように半分に折ります。

端1cmのところで折り、
もう片方も同様に折ります。
(2.5cm幅になる)




②持ち手の飾り布を作ります。

ブログ0007

図のように、端を1cm折ります。




③1に2を重ねます。
 “わ”の方に合わせておきます。

ブログ0008




④縫います。

ブログ0009




⑤持ち手の縫い代部分に
 飾り布を入れこみ、縫いします。

ブログ0010




⑥もう1セットも同様に作ります。

ブログ0011




⑦表布を作ります。
まずはポケットなしの面から。
中表にして、縫い合わせます。

ブログ0012

ダダダーっと一直線。




⑧縫い代をアイロンで割ります。

ブログ0013




⑨次はポケット付きの面です。
 表上部と表下部の幅が狭い同士を
 中表に合わせます。
 (薄ピンクで色つけした部分)

ブログ0014




⑩縫います。

ブログ0015




ここで広げてみると・・・

ブログ0016




⑪ポケットの真ん中を一直線に縫います。

ブログ0017
これでポケットが2つになりました。




⑫表布ができたので、持ち手を仮止めします。

ブログ0018

この時、飾り布が上にくるようにしてください。
(表布の無地と、持ち手の無地が接している状態)

中心から6cmずつのところで
とりあえずダダダーっと仮縫いします。




もう一方の表布にも仮止めします。

ブログ0019
こんな感じです。




⑬マチをつけます。
 表布とマチとの間に
 パイピングテープを挟み込みます。

ブログ0020

パイピングテープの縫い代が
外側を向くように配置します。




カーブ部分は、
切れ込みを入れると縫いやすくなります。

ブログ0021

慣れない方は
ここでパイピングテープを仮縫いしておくといいです。




⑭指先で触って確認しながら縫います。

ブログ0022

盛り上がっているところを確認しながら。
因みにミシンの押さえは、
ファスナー押さえを使いました。




マチが縫えました。

ブログ0023




⑮もう片方も縫います。
 パイピングテープを挟んで、マチを付けます。

ブログ0024




⑯表布ができました。

ブログ0025




⑰内布を作ります。

ブログ0026

一か所だけ、返し口を15cmほど残して、
マチを縫い合わせます。

パイピングテープがない分、
さっきよりはちょっと楽です。




⑱もう一方の内布を縫い合わせます。

ブログ0027




⑲内布ができました。

ブログ0028




⑳表布をおもてに返します。
 そして、内布の中に入れます。

ブログ0029




㉑袋口をぐるっと縫います。

ブログ0030




㉒返し口から表に返します。

ブログ0031




㉓返し口を閉じます。
 手でまつるか、ミシンで縫います。

ブログ0032




㉔内布を中に入れます。
 持ち手を上に持ってきます。

ブログ0033




㉕5mmくらいのところで、ステッチをかけます。

ブログ0034




完成です。
追記:画像追加しました

IMG_5679


パイピングがちょっと難しいかもしれません。
その際は仮止めをしながら作業してくださいね。

【追記】ーーーーーーーーーー
マチの幅を広げたい場合は、
「5cm×1m」の“5cm”をご希望の数字に変更して作ってください。
それ以外は変更なしで大丈夫です。


【追記】
もっと簡単にする場合は、マチなしでも作れます。
パイピングの作業もありません。
⑬~⑮を省いて、表布を中表で縫い合わせてください。
内布も同様で⑰⑱は省き、中表で縫い合わせます。
返し口は忘れないでくださいね。
ーーーーーーーーーーーーー


お疲れさまでした。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「誕生日の朝は・・・」
ブログ0007
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。


【表布・ループ布】ループは紐、リボンなどでも代用可。【内布】【持ち手】【お好み】タグ1枚など①内布、持ち手それぞれに 接着芯を貼ります。②持ち手を作ります。 持ち手用生地を、外表に半分に折ります。縫い代1cmをとり、内側に折り込みます。持ち手の幅は2.5cmに ...

続きを読む


【表布・ループ布】
0003

ループは紐、リボンなどでも代用可。




【内布】
0002




【持ち手】
0001

【お好み】タグ1枚など




①内布、持ち手それぞれに
 接着芯を貼ります。




②持ち手を作ります。
 持ち手用生地を、外表に半分に折ります。

0004




縫い代1cmをとり、内側に折り込みます。
持ち手の幅は2.5cmになります。

0005




③持ち手(裏・飾り用)の縫い代を
 1cmとり、折ります。

0006




④持ち手の“わ”の方と
 飾り用生地の折った方の端同士を合わせます。

0007




⑤合わせたところを縫います。
 3mmくらいの所を直線で。

0008




⑥持ち手の折り込んだところに
 飾り布の余りを入れ込み、縫います。

0009

ベルト部分ができました。




⑦柄の部分が内側になるように半分に折ります。
 端を仮止めしておきます。

0010




⑧ループを作ります。
 (紐などで代用する場合は、ここはスルーしてください。)
 まず半分に折り目をつけ、
 折り目に布端がくるように外表に折ります。
 折ったら、先ほどの折り目にそってさらに折ります。

0011




⑨布が重なっている辺を縫います。

0012

ループができました。




⑩本体を作ります。
 表用柄布と、表用無地を
 中表になるように縫い合わせます。

0013




⑪反対側も縫い合わせます。

0014

縫い代をアイロンで割ります。
これで表布が一枚に繋がりました。




⑫タグをつけます。
(お好みです。必要ない方はスルーしてください)
 だいたい下から2.5cmくらいの中央に
 タグを縫いつけます。

0015




⑬持ち手を仮止めします。
 中央のところにつけます。

0016




⑭反対側の端にループをつけます。

0015_

中央にくるように、
3cm間をとってつけます。




⑮表布と内布を
 中表になるようにして、
 上下を縫い合わせます。

0017

縫い代はアイロンで割ります。




⑯表布、内布をそれぞれ半分に折り
 袋口が重なるようにします。

0018
イメージ図。こんな感じです。




⑰返し口を残して、両脇を縫います。

0019




⑱返し口から、表に返します。

0020




⑲返し口を閉じます。
 手縫いでまつるか、際の部分をミシンで縫います。

0021




⑳ひっくり返っている内布を
 中に入れます。

0022




㉑袋口にステッチをかけます。

0023

5mmくらいのところでかけます。




完成です。

IMG_5807




【おまけ】
実は上記の表布&内布、
ご家庭にあるコピー用紙(A4サイズ)が3枚あれば
楽ちん型紙でできちゃいます。

0025

1枚めはそのまま。
2枚めは端から8cmのところでカット。
3枚めは22.5cmのところでカット。




1枚めは、内布の型紙になります。
下部分に“わ”をつくってから紙をあてて、

0024

このまま紙にそってカットします。


3枚めも、上記のように“わ”を作って
同じ方法でカットします。


これは縫い代込みの大きさなので
縫う時に1cm縫い代をとって縫ってくださいね。

0026

母ちゃんは
ミシンの目盛り(ガイド)に合わせて縫っています。


・・・と、
上履き袋の作り方でした。
お役に立てれば嬉しいです。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「無言でくれたもの」
ブログ0005
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。


昨日のマスクの作り方です。折って縫って、折って縫うだけ。すごく簡単に作れます。手縫いでも大丈夫ですよーっ【用意するもの】大人用ご希望の声がありましたので・・・赤字は子供用、青字は大人用のサイズです。マスク用ゴム・・・子ども用50cm・・・大人用60cmマスク ...

続きを読む

昨日のマスクの作り方です。

折って縫って、折って縫うだけ。
すごく簡単に作れます。
手縫いでも大丈夫ですよーっ



【用意するもの】

大人用ご希望の声がありましたので・・・
赤字は子供用、青字は大人用のサイズです。
0000 - コピー (2)

マスク用ゴム
・・・子ども用50cm
・・・大人用60cm

マスク用ゴムは半分にカットし、
2本にしておきます。



では、作っていきます。

①ガーゼ生地を中表にして、
 横半分に折ります。

0000 - コピー (3)




②端から1cmのところで縫います。

0000 - コピー (4)

筒状になりました。




③縫い代をアイロンで割ります。

0000 - コピー (5)




④表に返します。

0000 - コピー (6)




⑤縫い目が中央にくるように置きます。

0000 - コピー

ここで一旦、
アイロンをかけておくとスムーズです。

3等分に分けて、折り込んでいきます。




0000 - コピー (7)

縫い目が内側にくるように、
折ってくださいね。




0000 - コピー (8)




⑥最後に折ったところの端が
 切れっぱなしの状態になっているので、
 ここが隠れるように
 だいたい7~8mmのところで折り込みます。

0000 - コピー (9)




⑦縫います。

0000 - コピー (10)

折り込んだところから2~3mm内側を縫います。
これでマスクの端から1cmの位置になるかと思います。
ここがゴム通し口になります。




反対側にもゴム通し口を作ります。

0000 - コピー (11)

端から1cmのところを縫います。




⑧マスク用ゴムを通します。

0000

両端に通します。

ゴムの結び目は
スルスルっとずらしていって、
マスクの中に入れて隠します。




完成です。

0000_

最初に筒状に縫いましたが(1~3)、
中央の縫い目が芯のようになり
型くずれしにくくなります。

装着時、縫い目は特に気になりません。




昨日、追加で作りましたよ。

IMG_5797




1時間使って、これくらい出来ました。

IMG_5800

12枚。
女の子用は、もうちょっと作る予定。




IMG_5804

うっすらピンクがかった、うさぎ。
こもちんは白より、こっちの方が好き。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「お姉ちゃんはどう?」
ブログ0003
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。

今日は防災頭巾カバーの作り方です。防災頭巾は、小学校に入学する際に購入した物なのですが耐熱耐火のアルミ加工のもの。これがスッポリ入るカバーになります。用意するもの。【表布用】※数字は縫い代分含んでいません。※縫い代は全て1cmとります。【内布用】【ゴムベ ...

続きを読む


今日は
防災頭巾カバーの作り方です。

防災頭巾は、
小学校に入学する際に購入した物なのですが

ブログ0001

耐熱耐火のアルミ加工のもの。
これがスッポリ入るカバーになります。



用意するもの。

【表布用】
ブログ0002
※数字は縫い代分含んでいません。
※縫い代は全て1cmとります。




【内布用】
ブログ0003




【ゴムベルト/マジックテープ】
ブログ0004



では作っていきます。



①内布にキルト芯を付けます。
 (キルティング加工の生地を使用の場合は省略)

ブログ0005

内布にキルト芯をのせます。
よれ防止の為、
ざっくりでいいのでぬいつけておきます。
(外から見えない部分なのでざっくりで大丈夫)




②マジックテープを付けます。

ブログ0006

マジックテープは
2枚くっついているのでそれを剥がします。

内布おもて側、
出来上がり線から1cm位内側にして
それぞれ中央にマジックテープを縫い付けます。

内布はここで一旦、置いておきます。




表布を作ります。

③表用の無地と柄を、
 中表になるように縫い合わせます。

ブログ0007




④反対側も同様に縫い合わせます。

ブログ0008

これで表布が1枚になりました。




⑤2で準備した内布と表布を縫い合わせます。

ブログ0009

中表にして、
上下を縫い合わせます。




⑥縫い代をアイロンで割ります。

ブログ0010




表布と内布が繋がり、
このようなわっか状になります。

ブログ0011

表布を半分の位置で折り
内布も半分の位置で折ります。
(表布同士、内布同士が重なっている状態)




ゴムベルトを作ります。

⑦ベルト用の生地を中表で折り、縫います。

ブログ0012




⑧表に返します。

ブログ0014
ちょっと大変だけど、頑張って。




⑨平ゴムを通します。

ブログ0015

こういう、ギザギザがついてる
紐通しを使うと便利です。




通します。

ブログ0016

平ゴムの長さと、
ベルト用布の長さが違うので




⑩ある程度平ゴムを入れたら
 このように端をまち針でとめておきます。

ブログ0017
そうしないと、
平ゴムが中に入っていってしまので。




平ゴムが向こう側の端まで届いたら

ブログ0018

そこもまち針でとめておきます。




この段階では
ベルト用布が段々のようになっているので
⑪端と端をしっかり持ち、伸ばします。

ブログ0020
こんな感じで、グーっと。




布が平ゴムいっぱいにいきわたるので

ブログ0021

しわが均等に入ってくれます。

これをもう一本作ります。




⑫ゴムベルトを表布に挟み込みます。

ブログ0022
一本(無地)は、表布の切り替えに合わせて、
もう一本(柄)は、わのところの際(きわ)に。




⑬わきを縫います。

ブログ0023

返し口(10cmくらい)を残して、縫います。




⑭表に返します。

ブログ0024

先ほど残した返し口から、
布を引っ張り出します。




⑮全部引っ張り出したら、
 返し口を閉じます。

ブログ0025

手縫いでまつり縫いします。

面倒くさいなという方はミシンでも可。
縫い代を内側に折り込み、
2ミリくらいのところを縫ってください。




⑯内布を表布の中に入れます。

ブログ0026




⑰袋口にステッチをかけます。

ブログ0027

3ミリから5ミリくらいのところで。
1周ぐるっとかけます。




完成です。

IMG_5670

タグはお好みで。

(座った時に気になりそうだったので、こもたろのカバーはタグを付けてません。
 こもちんは可愛さ重視との希望があったので付けました。)



以上、防災頭巾カバーの
是非作ってみてくださいね。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
「魚の名前。さかなへんの漢字。」
ブログ0003
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね
 

コップ袋アレンジ、体操服袋の作り方です。先日、サイズ表記したものをアップしましたがちょっとわかりにくいのでこちらにイラスト修正したものを。こちらの体操服袋はちょっと大きめ。寒い冬には長袖長ズボンのジャージを追加で入れることも多いので大きめ仕様にしています ...

続きを読む

コップ袋アレンジ、
体操服袋の作り方です。

先日、サイズ表記したものをアップしましたが
ちょっとわかりにくいので
こちらにイラスト修正したものを。


こちらの体操服袋はちょっと大きめ。

寒い冬には
長袖長ズボンのジャージを追加で入れることも多いので
大きめ仕様にしています。

マチをとることで
一般的な学校指定の大きさより
見た目大きくなりすぎないようにしています。


まず用意するもの。

【表用布】
ブログ0001
※数字は縫い代分含んでいません。
※縫い代は全て1cmとります。




【内布・紐】
ブログ0001_
紐は太めのものを使います。

紐250cmは、
半分に切って2本にしておきます。




では、始めていきますね。

①表用の無地布に印をつけていきます。

ブログ0002

上の線より3cm内側に一直線になるように印。

下の線から5cm上がったところに、
ちょんちょんと印(あきどまり位置)。

無地2枚ともつけます。




②わきをジグザグで端処理しておきます。

ブログ0003

1で付けた印(あきどまり)が
かぶる程度まで。

もう一枚も同様にジグザグ。




③表用の無地・柄布を
 中表にして縫い合わせます。

ブログ0004
ミシン=赤点線




④反対側の布も同様にして縫い合わせます。

ブログ0005

ここで、表用の布が全部繋がりました。




⑤縫い代を割ります。

ブログ0006




⑥タグをつけます。

ブログ0007

付け位置の目安はこんな感じ。
でも、お好みで大丈夫です。




⑦わきに付けるループを作ります。

ブログ0007__

余り布でいいので
上記のサイズで2つカットします。

半分に折りたたんだら、
2cmくらいのところで内側に折ります。




織り込んだところを縫います。

ブログ0007___

それを半分に折っておきます。
もう一枚の布も同様にしておきます。




⑧ループを仮止めします。

ブログ0007_

表布を半分に折り
“わ”の部分から4cm上のところに付けます。

※この4cmのところは後で切り落とすので、
 “わ”から4cmの間にかぶらないように注意してください。

※ループのわっかになる部分が
 内側になるように気を付けてくださいね。

もう片方のわきにもループを付けておきます。




⑨表用布を中表に半分に折り、わきを縫います。
 この時、1で付けた印より下を縫うようにします。

ブログ0008

縫ったら、縫い代を割ります。




⑩紐通し口を縫います。
 あきどまりのちょっと下あたりまで行き、
 直角に曲がって返し縫い、
 さらに直角に曲がって縫い終わります(コの字)

ブログ0009
※布のつなぎ目のところは返し縫いで補強。




⑪袋口を三つ折にします。
 縫い代にそって、折ります。

ブログ0010




さらに、1でつけた印にそって折ります。

ブログ0011




横から見ると、このようになります。

ブログ0012

反対側も同様に折ります。




⑫マチを作ります。
 底の角の部分を、図のように折ります。

ブログ0013
底を開くような感じで。

下から4cmのところで
図の赤線のように縫います。
反対側の角も同様に。




⑬縫った線から1cm下をカットします。

ブログ0014

これも反対側も同様にカット。

表用はここで一旦置いておきます。




内布(裏地)に入ります。
⑭印を付けます(あきどまり)

ブログ0018

⑮表布同様、印をつけたあたりまで
ジグザグミシンをかけておきます。




⑯わきを縫います。
 12で付けたあきどまり印より、下を縫います。

ブログ0016

縫い代は割っておきます。




⑰紐通し口を作ります。

ブログ0017

表用と同じように
あきどまりに合わせてコの字で縫います。




⑱マチを作ります。

ブログ0018_

表用と同様に縫い
縫ったところから1cmのところをカット。




⑲表用を外おもてにし
 内布を中おもてにして

ブログ0019

表用の中に入れます。




⑳さきほど3つ折りにしておいた袋口、
 これに内布を挟みこみます。

ブログ0020




㉑縫います。

ブログ0021
端からだいたい3mmくらいを直線で。
反対側も同様に縫います。




㉒紐を通します。

ブログ0022




袋口を通過したら、ループに通します。

ブログ0022_

結びます。

※ループに通すのは1本だけです。
 2本とも通すと、スルっと抜けてしまうので。




先ほど入れた側とは反対側の紐通し口から
紐を通します。
通せたら、ループを通過して結びます。

ブログ0023




完成です。

IMG_5717

薄手の布をご使用の場合は
接着芯を貼ってくださいね。

わきのループは
リボンや紐などでも代用可です。


他にも袋物の作り方をアップする予定です。
ただいま準備中…
もうしばらくお待ち下さいね。

あと、リクエストいただいた
使っていて便利だなと思うものなどもアップ予定です。


ハンドメイド記事を書くと
なんかしっとりした喋りになっちゃうけど・・・
母ちゃんだよっ
同一人物だよっ

★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
ブログ0004
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

今日はコップ袋の作り方です。歯ブラシもすっぽり入る、ちょっと縦長仕様です。まず用意するもの。【表用布】※数字は縫い代分含んでいません。※縫い代は全て1cmとります。【内布・紐】紐は細めのものを使います。くち紐用130cmは、半分に切って2本にしておきます。 ...

続きを読む


今日はコップ袋の作り方です。

歯ブラシもすっぽり入る、
ちょっと縦長仕様です。


まず用意するもの。

【表用布】
ブログ0001
※数字は縫い代分含んでいません。
※縫い代は全て1cmとります。




【内布・紐】
ブログ0001_

紐は細めのものを使います。

くち紐用130cmは、
半分に切って2本にしておきます。




では、始めていきますね。

①表用の無地布に印をつけていきます。

ブログ0002

上の線より2cm内側に一直線になるように印。

下の線から4cm上がったところに、
ちょんちょんと印(あきどまり位置)。

無地2枚ともつけます。




②わきをジグザグで端処理しておきます。

ブログ0003

1で付けた印(あきどまり)が
かぶる程度まで。

もう一枚も同様にジグザグ。




③表用の無地・柄布を
 中表にして縫い合わせます。

ブログ0004
ミシン=赤点線




④反対側の布も同様にして縫い合わせます。

ブログ0005

ここで、表用の布が全部繋がりました。




⑤縫い代を割ります。

ブログ0006




⑥タグをつけます。

ブログ0007

付け位置の目安はこんな感じ。
でも、お好みで大丈夫です。




⑦表用布を中表に半分に折り、わきを縫います。
 この時、1で付けた印より下を縫うようにします。

ブログ0008

縫ったら、縫い代を割ります。




⑧紐通し口を縫います。
 あきどまりのちょっと下あたりまで行き、
 直角に曲がって返し縫い、
 さらに直角に曲がって縫い終わります(コの字)

ブログ0009
※布のつなぎ目のところは返し縫いで補強。




⑨袋口を三つ折にします。
 縫い代にそって、折ります。

ブログ0010




さらに、1でつけた印にそって折ります。

ブログ0011




横から見ると、このようになります。

ブログ0012

反対側も同様に折ります。




⑩マチを作ります。
 底の角の部分を、図のように折ります。

ブログ0013
底を開くような感じで。

下から3cmのところで
図の赤線のように縫います。
反対側の角も同様に。




⑪縫った線から1cm下をカットします。

ブログ0014

これも反対側も同様にカット。

表用はここで一旦置いておきます。




内布(裏地)に入ります。
⑫印を付けます(あきどまり)

ブログ0018

⑬表布同様、印をつけたあたりまで
ジグザグミシンをかけておきます。



⑭ループ紐を付けます。
 おもて側、真ん中あたりに仮どめしておきます。

ブログ0015




⑮わきを縫います。
 12で付けたあきどまり印より、下を縫います。

ブログ0016

縫い代は割っておきます。




⑯紐通し口を作ります。

ブログ0017

表用と同じように
あきどまりに合わせてコの字で縫います。




⑰マチを作ります。

ブログ0018_

表用と同様に縫い
縫ったところから1cmのところをカット。




⑱表用を外おもてにし
 内布を中おもてにして

ブログ0019

表用の中に入れます。




⑲さきほど3つ折りにしておいた袋口、
 これに内布を挟みこみます。

ブログ0020




⑳縫います。

ブログ0021
端からだいたい3mmくらいを直線で。
反対側も同様に縫います。




㉑紐を通します。

ブログ0022

紐を通せたら、結びます。




先ほど入れた側とは反対側から
紐を通します。
通せたら、結びます。

ブログ0023




完成です。

IMG_5700

ローンなどの薄手の布をご使用の場合は
接着芯を貼ってくださいね。


イラスト入り、どうでした?

また準備ができ次第
他の袋物の作り方をアップしたいと思います。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。
何を突然・・・と思いきや。
ブログ0001
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。