今日は
「いつも私がどのように魚卵珠っころを作ってるか」
を、ご紹介したいと思います。

まずは半球モールド。
同じ大きさのが複数あるものが便利。

IMG_3908

今回は透明で作ってますが
作りたい魚卵に合わせて色を変えてください。




量ですが、
気持ち少なめなのと
多めの表面張力で準備します。

IMG_3910

←表面張力
気持ち少なめ→




多い方にカバーをします。

IMG_3912

少し溢れてバリができます。
これが目当て。

カバーですが
以前はプラスチックファイルなどを
小さくカットして使っていましたが
このシリコンモールドがとても使いやすいのでオススメ。

カバー用にあると便利です。
まじで。




そうこうしているうちに
半球ができました。

IMG_3920




バリがない方の平面を
やすりがけします。

IMG_3922

ちっちゃい凹凸やバリがあると
つっかかりになっちゃうので
ペタっとくっつくために
必要な作業です。




バリがある方を
なるべく平面になるよう固定します。

IMG_3921

私はいつもマステで固定してます。



レジンを塗ります。
先ほどやすりがけした方は薄く、
バリのある方はもたっと。
球の部分の全体にいきわたるくらい。

IMG_3923




やすりがけした方を
バリの上にのっけます。

ここで微調整。

IMG_3924

横から見て
土台を回転させながら
球体にずれがないかを確認します。

↑上の半球が若干左に寄ってるので直します。




コンコンと
軽くあてて直していきます。

IMG_3925




正位置になりました。

IMG_3926

こんな感じで
土台をくるくる回して
どこから見ても球体になったら
ライトに当ててしっかり硬化します。




硬化できたら、バリを取って

IMG_3928




やすりがけ。

IMG_3929

つなぎ目の部分、
触っても違和感ないくらいに
しっかりやすりがけします。




レジンの粉が結構ついてるので
水洗いをするか、
ウエットティッシュでふき取ります。

ふき取りの後は繊維のケバケバがついてるので
マステで取っておきます。

IMG_3930




ここからコーティング。

やり方は2タイプあって、
魚卵タイプとマテリアタイプ。

魚卵タイプはそのまま下に進みます。
マテリアタイプは★印まで飛んでください。

シリコンマットを準備します。
なるべく大きめのものがベスト。

IMG_3927




珠っころにレジンでコーティングします。
そしたら、シリコンマットの上にあげて
ヒーターをあてて、余分なレジンを落とします。

IMG_3932




レジンは熱くなると
サラサラになるので

IMG_3933

これくらい、流れ落ちます。




ここからが勝負。

ライトに当てながら
ころころ、ころがします。

IMG_3939

止まってしまうと
足ができちゃうので
表面がかたまるまで転がし続けます。

表面がかたまったら
しばらく硬化して

同様のコーティング作業を2~3回繰り返します。




魚卵のできあがり。

IMG_3946

過度なツヤテカにならず
うっすらコーティングされた状態になります。




★マテリアタイプはこちら。

マステで球体を固定して
上半分をコーティングします。

IMG_3948

コツは、つなぎ目になる部分は
薄くつけること。




ヒーターで温めます。

IMG_3949

これは余分なレジンを落とす目的ではなく
全体にいきわたらせる意味で使ってます。

熱でサラサラになるので
スーっと全体におちついていきます。

そしたら硬化。
しっかりと長めに。




かたまったら
上下逆さまにして
同様にコーティングします。

IMG_3950

こっちはツヤテカ。

参考になるかわかりませんが
いつもこんな感じで作ってます。


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。

猫がいなくなった

↑クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。