棚の箱を整理していたら
こんなの出てきました。

IMG_4514

いつのだろう…
3年前か?5年前か?




バネポーチを作るべく
布をカット。

IMG_4516

リバティ(ヒラリー)と、白無地。
リバティは22✕14cm、
白無地は28✕14cmにしました。

リバティには、接着芯を貼っておきました。




ワンポイントにタグをつけます。

IMG_4517

あえての水色。
映えるかなと思って。




縫いつけ中。

IMG_4518




タグがつきました。

IMG_4519




リバティと白無地を中表に合わせて、
14cmの辺を接ぎ合わせます。

IMG_4520




縫えました。

IMG_4521




リバティと白無地は長さが違うので
このように少したわんでいます。

IMG_4522




縫い代をリバティ側に倒しておきます。

IMG_4523




次に脇を縫うのですが
その前にバネの太さを確認。

IMG_4524

1.5cmありました。

ということは、バネを覆う生地は
表面と裏面を足して、最低3cm必要ってことですね。




3cmだとかなりキツキツになるので
少し余裕をもたせて…

IMG_4525

4cmだと多いかな?の、3.75cm。
ココはあき口になります。




あき口の端処理。

IMG_4526




脇を縫います。

IMG_4527

3cmほど縫って、一旦とめて




返し口に4cm開けて
また縫いました。

IMG_4528

あき口のところは縫わずにとばして




リバティに入ったら、最後まで。

IMG_4529




反対側は返し口ナシで
あとは同じように。

IMG_4530




縫い代を割ります。

IMG_4532




返し口から表に返します。

IMG_4533




そして、こちら。

IMG_4534

ご質問をいくつかいただいたので
調べてみました。




まずね、調べて知ったのですが
これ、目打ちじゃなかった!

IMG_4537

名前を「maxon マクソン トランサー no3」
これ、画材なんですって!

「レタリングやスクリーンをこするのに大変便利」
と書かれていました。

ホビーショーの手芸エリア、
ギッターマンブースで売られていて購入したので
手芸用と思い込んで疑いませんでしたが
まさかまさかの画材!手芸用じゃないやつ!

IMG_4536

スクリーンをこする用だったのね、アナタ…

でもね、普通に手芸ヘラとして使えるんですよ。

なので引き続き、手芸用として活躍させちゃいます。
ほんと、目打ちとしても優れている(と思う)ので
オススメは変わりません。




ということで
トランサーで角を出しました。

IMG_4540




白無地を中に入れます。

IMG_4542

あき口として残したところは
バネを通すので、上に出します。




あき口はこんな感じ。

IMG_4545




布の切り替えの際(きわ)を縫います。

IMG_4546




縫えました。

IMG_4547




バネ口金を通して

IMG_4548

ピンを押し込んだら…




完成です。

IMG_4552

元気が出るカラー♪


★★★★★

自閉症児こもたろとその家族のブログ
昨日の更新記事はこちら。

「プールある?」
ブログ0002
↑画像クリックで記事にとぶよ。
こっちもよろしくね。

ーーーーーーーーーーーー


LINEでブログの更新をお知らせ。

よろしくお願いします。